report_photo

パーティレポート

report_photo

ポルトガルが繋いだご縁

おふたりが出会った場所、新婦が移住を決めた新郎の母国、ポルトガルで挙式をされた新郎新婦様。おふたりが日本でお世話になった方々をお招きした今回のパーティーは、アズレージョというポルトガルのタイルをモチーフにしたアイテムやポルトガルの岩塩を小瓶に詰めた新郎新婦手作りの席札ボトルでゲストをお迎えしました。
新郎から新婦のパートナー紹介では溢れる新郎の想いに新婦が涙されるシーンも。歓談中は時間がある限りゲストのお席へと遊びに行かれたおふたり。それぞれに、またご一緒に大切な皆様との会話を楽しまれていました。
パーティのハイライトは新郎のギター弾き語り。新婦の好きな曲を披露されゲストから拍手喝采!実は前日まで演奏しない予定でしたが、新婦の一生懸命で一途な想いに新郎が突き動かされ実現した夢のような舞台でした。ポルトガルでの新たなスタートを応援するゲストの優しさと励ましに包まれた特別な1日でした。
(2019.10月)

 
report_photo

Best Day Ever

一緒にお仕事をしていたヘアメイクさんのウェディング。小学校の同級生との結婚ということで、前日に廃校になる思い出の小学校での写真撮影にも同行させて頂き良い思い出になりました。
当日はご新婦の手作りアイテムが随所に活躍!手作りの結婚証明書はゲストのフィンガースタンプでたくさんのスマイルが集まり、結婚の承認は手作りのYesフラッグをゲストに振って頂きました。パーティーでは新郎にサプライズでご両家お母様にご準備頂いた、それぞれのお子様に綴ったお手紙を代読。人前式の入場から涙が溢れていた新郎の涙腺は崩壊したようです。
ゲストへのギフトとしてご用意されたネームマグも大好評!実は仕掛けがあり箱にあたりがあった方にインタビューをさせて頂きました。後半には舞台女優として活躍される新郎のお姉様から歌のプレゼントが。心震える歌声に新郎新婦はもちろん、誰もが感動され拍手喝采でした。妹のようにかわいく思い、幸せをずっと願っていた彼女の結婚式は私にとっても最高に思い出深い一日となりました。
(2019.4月)

 
report_photo

One Heart~未来へ繋いでいく絆

数年前に一緒に働いていた仲間の結婚式の司会をつとめさせて頂きました。
人前式の誓いの言葉はゲストからの問いかけスタイルで、誰もが笑顔もになるあったかい雰囲気でスタート!披露宴ではサプライズで乾杯酒注ぎを新郎新婦の元先輩に依頼。ケーキ入刀のアテンドもふたりの元上司にサプライズでリクエスト!かつて一緒に働いてきたウェディングのスペシャリストによる演出で会場は盛り上がりました。
中座の際にはご家族が登場!新婦はお父様、お母様、お姉様とご一緒に、新郎は妹様とふたりで。新郎の妹様はエスコート役に指名した瞬間に天を仰ぎ見ていらっしゃってそのナイスリアクションに会場には笑いが溢れました。家族や友達との絆の深さはもちろんですが、仕事を通じて出会ったお仲間との絆をおふたりは改めて感じていらっしゃったようです。新郎新婦は私にとっても永遠に大事な仕事仲間であり、かわいい弟分、妹分です。
(2019.4月)

 
report_photo

感動の挙式後にゴチバトル開催!

人前式でお母様とご一緒に入場されたご新婦。ベールダウンの後にお母様に手渡されたブーケには天国で見守ってくださっているお父様のお写真が添えられていました。ご新婦はお写真のお父様とバージンロードをお進みになり、新婦のお祖父様、ふたりの妹様にエスコートリレーをして頂き新郎の元へ。ご家族のあたたかい思いに包まれた心に残る結婚式でした。
パーティでは会場となっているレストランが昨年ぐるナイのゴチになりますでバトル会場になったことからゴチバトルを開催!この日限りのスペシャルルールに会場は大いに盛り上がり、新郎新婦にも自然な笑顔が広がりました。泣いて笑って…おふたりもゲストの皆様も一緒に感動と楽しい時間を共有できる”美味しい、楽しい、幸せ”な結婚式でした。
(2019.3月)

 
report_photo

繋がるご縁に感謝

ご縁あって5年前に知り合ったご新郎。数年お会いする機会がなかったのですが、時を経ても司会をご依頼くださったことがとても嬉しく本当に光栄でした。
人前式ではサンドセレモニーでゲストの皆様の祝福で世界に一つのオリジナルサンドアートが完成。パーティーではケーキの代わりにチョコレートドームが登場し、中のシューやフルーツでファーストバイトを行いました。おふたりの中座のエスコート役は新郎新婦のキューピットの方!3人での退場に会場内は大いに盛り上がりました。
再入場後はおふたりからコーヒーサービスを行いおもてなし。 ゲストの皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいとおっしゃっていたおふたりらしい演出に会話が弾んでいたようです。
フローリストのご新婦がお持ちになった色鮮やかなブーケは尊敬するご上司の作品で、ご新婦のカラードレスは春の訪れを告げるお花ミモザがモチーフのデザイン。春のお花のように優しくあたたかく自然体なおふたりに出会えた幸運と奇跡に感謝の気持ちが溢れる一日でした。
(2019.2月)

 
バックナンバーへ